ブログ

ゲーム制作とは違うプログラミング言語を勉強しています

投稿日:

こんにちは!ブログリレー3人目のシェイクです。

今回は現在私がPHPというプログラミング言語を勉強していることについて書いていこうと思います。

 

PHPとは?

まずはPHPとはどんな言語であるかを簡単に説明します。PHPはWebページを製作する際に使用するプログラミング言語です。Webページの内部の動作を制御しているといったようなイメージです。ちなみにWebページの見た目の部分はHTMLとJavaScriptという言語で作られています。私自身まだ専門的なことはよくわかっていません…。

 

PHPを勉強することになったいきさつ

そもそもどうしてゲーム制作とは関係ない言語を勉強しているのかについて説明します。一言で説明すると、

アルバイト

です。実は私はこの間、コンピュータープログラミングのアルバイトを発見し、なんと未経験でもOKということだったので思い切って始めて見ました。職場はとてもいい環境で、現在は業務を手伝えるようになるためにPHPを手取り足取り教えてもらっています。

なんといってもこのサークルは「マルチメディア研究会」なので、これもマルチでメディアな活動の一環なのかなと勝手に解釈しています。

 

勉強の感想

ここで、PHPの勉強中に心に残ったことを書いていこうと思います。

まず、PHPでは変数の仕様がCやC#とはかなり異なります。CやC#では変数は文字列型なのか数値型なのかを明確に定義する必要がありますが、PHPでは$(変数名)と記述するだけで型を指定せずに変数を定義することができます。

また、サークル活動内で勉強していたことが役に立ったこともありました。まずは配列です。配列はPHPでもふんだんに使われまが、サークル内の講習ですでにC言語を使って勉強していました。次にオブジェクト指向についてです。これは私たちがゲーム制作をするときに使用するC#という言語で必須となるもので、これもすでにある程度は理解していました。これらのプログラムの基本を知っていたので、PHPの勉強がとてもスムーズに進んだと思います。

現在は、PHPの基本については勉強し終わったので先述したHTMLをPHPで制御する方法を勉強しています。

 

終わりに

PHPの勉強は楽しく進んでいて、もうすぐ自力でWebページを作成したりできるようになるのかなぁなんて想像するととてもワクワクしています。

しかし…ここで一つ問題が…

すでにお気づきの方もいるでしょうが、私シェイク、ゲームを作るプログラムを最近全く書いておりません!!そのため、今回の長大祭には私の成果物は展示できません。まあ、あまり焦らずに今はPHPを使えるようになることに専念しようと思います。

 

2019ブログリレーの概要はこちら

2019年ブログリレー開催!

 

ブログ

小学生プログラミング教室が行われました!

投稿日:

こんにちは!シェイクです。初投稿です‼

今回は8/17に行われた時津図書館での小学生プログラミング教室について報告します。

 

授業の内容

 この授業は4部構成で行いました。まず初めに自己紹介をしました。次に、プログラミングとはそもそも何なのかを説明しました。その時、プログラミング的思考をわかりやすく伝えるためにumakaさんの協力により、ボールを拾って転がすことをプログラムのように考えるというアクティビティを行いました。

 3部では早速スクラッチの基本操作について説明しました。スクラッチの猫をマリオやカービーのように十字キーによる操作で左右に動かすという簡単なプログラムを作りながら、ブロックの動かし方やプログラムの実行の仕方などを説明しました。

 4部では、今回の目玉である簡易的なシューティングゲームの制作を行いました。上下移動に必要な座標平面や敵の動作の制御に必要な乱数という小学生はまだ習っていない分野の知識をできるだけかみ砕いて説明しました。生徒がプログラミングに慣れてきたら、こちらからある動作を実装するにはどのようなプログラムを書けばよいかについていくつか質問を行いました。

 

うれしい想定外

 授業の準備をする時点で、私たちは小学生が授業についてこられない、授業に集中できない等の想定を行っていました。しかし、今回集まった小学生は、マイナス、乱数といった未修の概念をスムーズに受け入れ、ゲーム制作中のプログラムの内容についての解けないだろうという前提で作った問題をストレートに全問正解するなど私たちの想定をはるかに上回る理解力を発揮し、また、彼らはかなり作業に集中していて、休憩時間の間も自力でプログラムを書こうとするなどしていました。このようなうれしい想定外が起こったことで、こちらも授業をより楽しく、実りあるものにすることに労力と時間を使うことができました。

 

授業ができるまで

 今後のこういった活動に備えての情報共有の意味も込めて今回の授業の準備ができるまでについて書こうと思います。

 今回の講師を務めさせていただきました私シェイクはサークル内ではプログラマーとして活動していますが、まだ1年生のひよっこであります。さらに、学部が教育なわけでもなく塾講師や家庭教師のアルバイトを行っているわけでもない私は、まず人に授業をするという体験自体が初めてでした。無論、授業制作は順調とは程遠く、7月に行われた授業の予行練習では大学生すら混乱させるという迷授業を行ってしまいました。しかし、その後様々な先輩方からアドバイスをいただき、少しずつ授業は改善され、最終的には、まだ反省点は残っていましたが、生徒の皆さんに満足してもらえる授業を行うことができました。そして、この体験は私にとってもとても有意義なものとなりました。ここで、このイベントの話をサークルに持ち掛けてくださった時津図書館の皆さま、学研教室の高田様、そして0から授業を作ることに多大な協力をしてくださった部長を始めとする諸先輩方に感謝の意を表したいと思います。本当に、有難うございました。