ブログ

フォトとソングと一般人

どうも。台風にベランダの柵を飛ばされたUbacです。
新学期スタートの忙しさも後を引きつつ、新たな用事で気もそぞろ。
秋の寒さも漂い、長大祭が二週間後に迫る中いかがお過ごしでしょうか。

今回の長大祭での私の動きは出展物を作るよりも裏方として広報などを司っており、この場では展示するゲームやコンピレーションアルバムなどについて書いた方が有用だと思ったのですが、私の野生的な感が「ここで発表するべきではない」と理由のない警鐘を鳴らしているのでここは断腸の思いで別のことを書かせていただきます。
とは言え、私が話せるマルチメディア的なこと乃至技術的なことがあまりないので最近、憂き身を窶している写真と少しDTMのことについて書きます。なお、技術的なことは一ッッッッッッッッッッ切書かないと思います。他人の日記を見る感覚で見てください。

 

 

俺の写真がこんなに綺麗なわけがない。

僕は基本的に自分のTwitterにて写真を投稿しています。青文字のリンクからTwitterに飛べますので鼻で笑いながらご参照ください。ここでは今まで撮った中で好きなやつを5枚ほどご覧ください。写真からもツイートに飛べます。

 

テーマなどが統一されておらず筋の通っていない拙劣な作品たちですね。私は好きです(鋼の意思)
左上(スマホで見てたら一番上)の写真だけ説明すると私が撮った中で一番古いであろう風景の画像です。この写真は何度見ても好きです。写真を撮り続けているのは多分自分が好きな画像を自分の目線から撮りたいからなのだと思えてきます。

 

この素晴らしい加工に祝福を!

右上(二番目)の写真は宮崎県都城市という陸の孤島のなかでも辺境の地にある「関之尾滝」の写真です。ついでに、加工の素晴らしさと可能性を感じた写真でもあります。2019年の初めまでは「加工は邪道である」という既成概念がありました。甘えだと。(という割に撮影時にフィルターを使ってましたが)しかしよくよく考えたら、Twitterで写真家として素晴らしい写真を上げている方や、時代の波を席巻しているコンテンポラリーなJKなどは自分の撮った写真を詐欺っているではないですか。それから今までいろいろな加工の試行錯誤を行い、今年の九月初めには

iPhoneデフォルトのフィルター⇒Instagramのフィルター
⇒Instagramの編集⇒Twitterのフィルター

という流れの加工作業を確立しました。

 

色覚は衰退しました。

僕のツイッタ-をモーメントからさかのぼるなどすればわかりますが、個人的に青が好きなので青い画像が潤沢にあるのですが、今は青い画像を見ると何を見てるのかわからない時があります。問題の写真がこちらです。

夜に見えるくないですか?加工のやりすぎ、ダメ、ゼッタイ。

 

ながさきぐらし!

去年の夏くらいから、写真をいたるところで撮るようになりましたが長崎にはそれはもう数えきれないほどのいいスポットがあります。世界新三大夜景に選出されるほど夜景がきれいなので昼・夕方・夜に分けて取れば三倍くらいの楽しみがあります。長崎はマジで写真撮るにはいいところです(小並感)。最高です。ガチです。ヤバいです。マジ卍です。

ただし、住むところとしてはトップクラスに不便ですが。

 

普通の長崎大学生が【DTM】やってみた。

唐突に話は変わりますがDTMも少し嗜んでます。ただし、コード進行だったりリズムパターンだったりを習得する時間が必要なのでめっちゃやってるわけではないです。バンドをやったことも、ましてや楽器はリコーダーと鍵盤ハーモニカくらいしかやったことのない自分ですが、そこはかとなく自分が楽しめる音楽を創れています。どこかで聞いた話ではDTMは課金ゲーらしいのでイニシャルコストもささることながらランニングコストも高いはずですが、素人目には音源の良し悪しなんてわからんのでCubaseを買ってそのまま使ってます。DTMを始めるにあたって鷹ピーさんに教鞭を執って教えてもらい、またゲッポウなど優秀なDTMerに囲まれDTMを勉強することができています。この度そんな当サークルのDTMer達が額に汗し、粉骨砕身の努力をアクセル全開惜しみなく盛り立てて制作した、手に汗握るコンピレーションアルバムが長大祭にて販売予定ですので、ぜひお買い求めください(唐突な宣伝)。

 

低能クソ野郎はアルバムアートワークの夢を見ない

写真を撮ったりDTMをしたりする相互的な理由が一つだけあって写真にあわせた曲を創りたいというものです。アルバムアートワークとして自分の曲に自分の写真を張り付けたいのです。僕の好きなVtuberで「花譜」というVsingerを観測しています。透き通る歌声に加え、一種独特のアルバムアートワークで織りなされた動画の数々には口をふさげないほど艶麗なセンスを感じます。僕にはそんなセンスは1オンスもないのですが、あんなふうに綺麗な写真と音楽を組み合わせて作品を創りたいなぁなんて思ったりします。最初に提示した画像の下三枚はそんな思いで撮った写真です。

 

未確定で進行形

今後の展望ですが、確立した画像編集スタイルをすっからかんにし、代わりにadobe社のLightroomを今更ですが使っていこうと思います。それ以外は虚無です。何も考えていません٩( ᐛ )و
いつか上に記載したことを遂行できるように何かしら為したいと思います。

以上長々と書いてしまいましたが私のブログリレーのバトンは次に渡すとしましょう。

最後になりますが、長大祭にて皆様のご来場お待ちしております。

 

 

2019ブログリレーの概要はこちら⇒ー(・∀・)ー ブーン