ブログ

新部長爆誕!!

投稿日:

新部長爆誕!!

 

お久しぶりです、ごジンクスです!!!

なんと、

 

先日から、

 

部長になりました!!!

 

いやぁ~、部長になれてうれしいですね~~!!

せっかく部長になれたので、いろんなことをみんなとやってみたいですね~!

 

unityでたくさんのゲームを作ったり、ほかの大学の方たちと一緒にゲーム作りをしたり、コミックマーケットにも出店できたらいいですね~!

 

そんなわけで、部長として、サークルを盛り上げていけたらいいなと思っています。

これからどうぞよろしくお願いします!!

 

ごジンクス

twitter

https://twitter.com/8ddFzyrelpTCPIh

ブログ

C97に参加してきました

投稿日:

こんにちは、Boltzです。
12/31の冬コミ(C97)4日目にサークル代表として参加したのでレポートを書きます!

今回マルチメディア研究会がどんなものを頒布したのかを説明した後、
コミケの感想を書いていきます!

頒布物紹介

今回、当サークルのブースで頒布したものは以下の3点です。
・書籍版「Unityで作るリズムゲーム」
・2019年度サークルコンピCD「Noir」
・2Dシューティングゲーム「NOVAE」ダウンロードカード(委託)

書籍版「Unityで作るリズムゲーム」

読者の方が今日からリズムゲームが作れるようになる!を目指した本です。
当サークルのメンバーに加え、外部の方にも協力していただき、1冊を作りました。

現在こちらのサイトでも頒布中です。
https://ecml.booth.pm/

 

2019年度サークルコンピCD「Noir」

長大祭で頒布した、サークルのコンポーザーによるコンピCDです。
「ダーク」をテーマとした5曲が入っています。

2Dシューティングゲーム「NOVAE」

シューティングゲーム(委託品)です。
こちらの動画の53:15あたりからご紹介いただいております。

まとめ動画を作ってくださった「えーでるわいす」さん、本当にありがとうございます。
(余談ですが、私はアスタブリードがとても好きです)

参加しての感想

サークル参加なので朝7時半くらいからビッグサイトに向かい、設営をしました。
朝日が神々しく感じました。

ブース設営が初めてだったので、手間取ってしまいましたが
10時前には設営完了!拍手で来場者の方をお迎えしました(朝のAppleStoreかな?と思った)

 

まわりのサークル

今回、C97出展宣伝ツイートをしていた時のご縁などでいくつかのサークルさんと繋がれたので、
そのサークルさんや、周りの気になったサークルさんのところにお伺いすることができました!

 

反響

このTwitterのタグで何件か反響をいただいており、嬉しい限りです。
本や頒布物の感想ツイートは見つけ次第Twitterアカウントの方でご紹介させていただきます!

 

最後に & 次回

最後に、今回売り子で参加してくれた ゆゆ さん、寝起きさん、本当にありがとうございました!
出展にあたりご協力いただいた皆様には感謝してもしきれません。

また、次回以降ですが、後輩で「C / C++ でテキストエディタ作る本を書きたい」と言っている人がいたので、マルチメディア研究会の次回作にご期待ください!!!

ブログ

P5の怪盗団に憧れて学生団体を立ち上げてみた

投稿日:

こんにちは、Boltzです。
そろそろサークルに入って3年が経ち、私が代表の期間も終わるので
今回は今までのサークル運営の振り返り記事を書いてみようかなと思います。

お気持ちポエムなので、その辺ご容赦ください。

題して「P5の怪盗団に憧れて学生団体を立ち上げてみた」です。

ここでは、P5はアトラスによって制作されたペルソナ5のことを指します。

 

ペルソナ5との出会い

まず、私とP5の出会いに関して簡単に説明します。
P5が発売されたのは私が高校3年だった頃です。学校生活も終わりに差し掛かった9月頃だったと思います。
真・女神転生(SMT)シリーズが大好きだったこともあり、発売された瞬間迷わず購入しました。
物語、演出、UIなどに惹きこまれ、時間を忘れてプレイしたことを覚えています。

高校では形式化された勉強・部活の生活を送っていたので、
ゲームの中で、自分たちの力で道を作り、目標を達成していく主人公や怪盗団に強く憧れました。

プレイしていくうちに「自分も怪盗団のような組織に入りたい!!」と思っていきました。(いわゆる現実とフィクションの境目がわからない厨二病)

 

組織の設立

大学に入って数週間が経った頃、「1年生でも申請が通れば学生団体(サークル)を立ち上げられるらしい」との噂を聞きました。
高校3年の時に「自分も怪盗団のような組織に入りたい!!」という目標を持っていた私は、自分で何か組織を作ってみることにしました。

幸い学生団体設立の申請は通ったので、組織と部室だけができました。

 

ハコは作ったものの…

設立した最初のモチベーションが「怪盗団」だったので、組織としては特に何も目標がありませんでした。(現実にパレスはないし、私にスタンド能力は発現しなかったので)
私は何をやるというビジョンも持っていなかったため、団体としての活動はあまりなく、特に大きな事件に巻き込まれることもなく月日は過ぎて行きました。

 

目標を持ったら加速する

N崎大学は†修羅の国†なので、あるルールがあります。活動実績を残さなかった学生団体の部室は消えるというものです。
部室は消えて欲しくなかったので、何か活動実績を残す必要に迫られました。そこに長崎で開催される観光ビジネスプランコンテスト(賞金付き!)の話が舞い込んできました。
いい機会なので、このコンテストで優勝することを実績にしようと、出場を決心しました。

目的は活動実績の獲得など安直なものであっても、何か組織としての目標を持つと活動が楽しくなってきます。
コンテストで勝つためには何が必要かを逆算すると、こうです。
・プランを立てられるだけの学習(=人間力パラメータの向上)
・活動に関するアドバイザー探し(=コーポレーションの形成)

ペルソナのゲームフローを参考に活動を始めました。
前者に関しては図書館やインターネットでの学習を進めればなんとかなったりするのですが、問題は後者です。
地域で観光をやっているNPO団体にコンタクトをとる、長崎研究をやっている大学の先生に話を聞きにいくなど行い、制作しているビジネスプランに対してアドバイスをもらいました。このような活動をやっているうちに、これはリアルP5では!!?という感じが強くなってきました。
このころからサークル活動が楽しくなってきたような気がします。

 

ゲーム制作を始める

ちょっとP5の話とは外れますが…
ここまで(リアル時間は2017年12月)で現在団体が主軸にしているゲーム制作は本格的に行っていません。ゲームを作り始めたのは、2018年度になってからです。
ビジネスプランコンテンストで最終的に提案したのは「長崎を舞台にした(いわゆる)ポケモンGOで地域を活性化する」です。iOSなどで動作するポケモンGO部分をつくって、プランの発表に盛り込むと強いのでは!?という思いつきで、UnityやAdobeのソフトを使ってゲーム開発をはじめました。
(実際にプランの発表のときに実機プレイを見せたら学生部門では優勝にこぎつけたので、強かったです)

ビジネスプランコンテストが終わり、ビジネスプランを書くという目標が失われたので、私に残ったのはデザインとゲーム作りのスキルになっていました。
また、新年度に入るにあたってどうやって後輩を呼び込むかを考えたところ、「ゲーム制作」は新入生にとって何か惹かれるものがある気がしたので、これを主軸にすることにしました。
(活動内容を一新するにあたり、うちの大学にゲーム制作を主軸とする団体はないかと探しましたが、私の観測範囲ではなかったです。嘘だよな)

 

ジョーカーはなんでもやる

4月に何人か後輩は入ってきてくれましたが、デザインやゲーム制作の経験のない方がほとんどだったので、2018年度の活動に関しても自分が中心になるかという考え(傲慢という)でやっていきました。

2018年度には、新しく学内ゲーム展示会の開催や長崎大学ゲームジャムの主催を行いましたが、だいたいが「人を巻き込んでも企画部分に関しては自分1人の範疇で」のスタンスで進めました。この考え方は2019年10月まで変わっていません。

P5作中でもだいたいなんでもやる(コミュの構築・探索で使う道具の調達・資金と物資管理など)のはリーダーだったし、そんなもんかなという感覚でした。

 

ジョーカーはいつかジョーカーをやめる

ただし、自分1人の範疇で完結させるという考え方はやや危険だったと思います。
なぜなら学生団体のリーダーは在学期間に限りがあるため、どこかで後進にリーダーを譲らなければならないからです。それに気づいたのは今年の2019年10月でしたが…。

現実の団体行動は、ポケモンSWSHやドラクエのようなパーティ全員に経験値が行き渡るものというより、タスクをやったものが基本的に成長するファイアーエムブレム型のような気がします。自分だけがタスクを引き受けていては、後の代がやや厳しくなることが予想されます。

現実の組織とP5の怪盗団の違いとして、代替わりが発生することが挙げられます。
(作中では期間限定の怪盗活動でしたが)末長く怪盗をやる場合、怪盗団はジョーカーJr.を育てるとよさげです。
自分自身のマネジメントをやるのは当然として、他がうまく成長できるようなタスク管理ができると、自分の代でも後の代でも充実したサークル活動ができるのではないでしょうか。

私がこの事実に気付いてからは、後輩の方々に謎のタスクが降ったとか降らなかったとか。

 

まとめ

タイトルで釣っておきながら、実際はペルソナ5と近く遠い学生団体の活動でした。

ただ、団体を作るのは楽しいです。思ったことをなんでもできるし、人間関係も広がります。
ペルソナシリーズでは、基本的に各大アルカナの特性を備えた人間は1人ずつしか登場しませんが、現実ではそのような制限はなく、同じ大アルカナの特性を持つ人(=似た性格の人)が複数人現れるのも面白いところです。

閑話休題。 (-> P5Sたのしみ!!!)

4年限りの大学生活なので、自分好みの団体で好きなことを思い切りやるのも楽しいのではないでしょうか。
大学生全人類団体作れ!と思います。
既存の団体を乗っ取ってそれまでと違う活動をやっているような話もわりと聞きますので、それもアリか(アリなのか?)とは思います。

3年弱の長いようで短いサークル代表生活でしたが、皆さんのおかげでなんとかやってこれたので、感謝の気持ちで筆を置かせていただきます。

今後は下の代が活動を引き継ぐようです。多分ですが、2, 3年はサークルは潰れない…と思います。…。

今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ

【C97 4日目】「Unityでリズムゲームを作ろう」を頒布します【頒布情報】

投稿日:

追記事項 2020/1/1

この記事で紹介している本をboothで頒布開始しました!よろしくお願いします!

ダウンロード版
https://ecml.booth.pm/items/1739359

書籍版
https://ecml.booth.pm/items/1739286

(追記ここまで)

 

こんにちは、ご無沙汰しております、Boltzです。
今回のブログではイベント出展の告知をします!

C97とは

12月末に東京ビッグサイトで行われる同人誌即売会です。通称冬コミ。
今回、マルチメディア研究会は「C97」にて販売スペースをいただけたので、技術同人誌を販売することになりました!

初めて作った「リズムゲーム制作Howto本」を頒布します。

(リズムゲームとは、音楽に合わせてタイミングよく操作するタイプのゲームです。巷で言われている音楽ゲーム, 音ゲーみたいなやつです)

 

サークルスペース情報

・日時: 2019年12月31日(火 C97 4日目) 10:00 – 16:00
・場所: 南ユ26a

 

書籍情報

初めてサークルで本を作ったのですが、
なんと200部も発注してしまいました(ノリで……。)

また、この本は今年の4月から書いており、
148ページという厚さになってしまいました。

ゲームをつくってみたいけどアイデアが浮かばない方、
リズムゲームの実装方法に迷っている方など、多くの人に読んでいただきたいと思っています。

リズムゲームの実装方法に迷っていた1年前の自分なら絶対買います!!!

サークルブースで販売しているので、お買い上げいただけると嬉しいです!!

こちらから、試し読みもできます!

12/31 コミケ終了後からダウンロード販売も行う予定です

残念ながらコミケに来れない、という方もこちらのサークルツイッター にて情報発信を行うので、
フォローしてお待ちいただけると幸いです。

 

制作秘話

先ほど「リズムゲームの実装方法に迷っていた1年前の自分なら絶対買います!!!
と書いていましたが、当時路頭に迷っていた私はどうやって実装方法をつきとめたのかというと、

第1章の著者のゆゆくん(Twitter: @yuyu0127_)に直接実装方法を聞きにいきました

ゆゆくんはこれまでいくつものリズムゲームを作ってきた人で、ネットの一部界隈でも有名なので
直接エンカしに行った感じですw

そしたらかなり根本的な部分から丁寧に教えてくれたので
なんとか当時作っていたリズムゲームを完成までもっていくことができました。

この時の経験から、サークルで「リズムゲームの作り方Howto本を書こう」という企画が出たときに
ぜひゆゆくんにもプログラミングのパートを担当してもらいたいと思い、声をかけさせていただきました。

すると、まさかの100ページ超えの原稿を上げてくれて、
紙面上でもとても丁寧な解説をやってくれました。

本の校正のため、数回本の読み直しと、サンプルのコードのプログラミング(リズムゲーム本RTAといいます)を行いましたが、
わかりやすく書かれており、スピーディーに読み進めることができました。

この本には他にも色々載せていますが、
プログラムの章は本当におすすめです!!

以下、書籍情報を載せています。

 

【目次】

・はじめに

・第1章 Unityでリズムゲームを作ろう
– まずは見た目から入る
– ノーツの挙動を考えてみよう
– ノーツの挙動を実装してみよう
– 譜面を読み込もう
– 判定を実装しよう
– 音を再生しよう
– スコアとコンボを実装しよう
– 選曲画面を作ってみよう

・第2章 自作コントローラを考慮した UI 設計
– ボタンガイド
– フォーカスが移動する方向

・第3章 頻用される特徴的譜面配置の分析
– 音楽ゲームの機種の特徴・分類について
– 譜面配置各論

・付録 サンプルデータ(第1章プロジェクトの完成形)
– Unityプロジェクトディレクトリ, サンプルゲームをGitにて配布

 

【商品情報】

この本は2019年12月31日にコミックマーケット97(冬コミ)で頒布されます。

『Unityで作るリズムゲーム』
B5サイズ技術同人誌(148ページ) / 1,000円

今日からオリジナルリズムゲーム作りをはじめよう!

 

【この本の特徴】

・Unityでのリズムゲーム作りがまるごとわかる!
・実際に手を動かしてゲーム制作をできる
・ロングノーツやソフラン(曲中のテンポ変化)の実装方法も詳しく解説!
・演奏画面を作った後の「UI設計」や「譜面制作」の考え方も紹介
・サンプルデータをオンラインでダウンロード可能

 

【この本の対象読者】

・リズムゲーム制作について興味がある人
・Unityを触ったことがあるものの、実際のゲームの組み方がわからない人



ブログ

長大祭にてイベント「Game Center Next」を行いました

投稿日:

11月2日、3日の2日間にかけて長大祭が行われました!

マルチメディア研究会は、去年に引き続き部員の作成したゲームを遊べるイベント「Game Center Next」を開きました。

今年は、オリジナルCDの販売、1年生だけでUnityを使って制作したゲームの出展など新たな動きも始めました。

去年より多くの方にご来場いただきありがとうございました。

ただ、予想以上の方にご来場いただいた結果、時間帯にもよりますが、待ち時間が長くなってしまうなど、新たな課題も出てきました。

まだ少し手探り状態な部分もありますが、皆様の意見を受け止めさらにより良いものにしていき来年も開催いたします。来年の長大祭へのご来場もお待ちしています。

 

出展ゲーム紹介

以下、出展ゲーム紹介です。

 

ブログ

長大祭 開催!

投稿日:

はじめまして、マルチメディア研究会1年の「じーすりー」です。入部して半年以上経つのに今まで書いたことがなかったのですが、自分も広報の人間なので今後更新する機会も増えると思います。

さて、いよいよ長大祭始まりました!

マルチメディア研究会ではサークルのメンバーが制作したゲームをゲームセンターとして展示しております。

今回、本サークルではシューティングゲームやリズムゲーム、2Dスクロールゲームの展示を行い、また新たな試みとして、サークルで制作したCDの販売も行っています。

自分はロードと言うアルマジロが主人公の2D横スクロールゲームにプログラマーとして参加させていただきました。初めての経験だったので、不安要素しかなかったのですが、1つの作品を作り上げることが出来たのでよかったです。

初日は、小さなお子様の方から大人の方まで、幅広い年齢の方に楽しんでいただけたかなと思います。反省点も多くありましたが、それらを明日に生かしていきたいです。

自分は主に受付の方を担当していたのですが、少し不慣れな部分があったので、明日は柔軟な対応を出来たらいいなと思います。

 

最後に・・・

一日目は無事終了しましたが、明日もゲームセンター行っていますので、ぜひともA-23教室にお越しください!

ブログ

長大祭に出展するゲームの宣伝

投稿日:

みなさん、どうもお久しぶりです、ごジンクスです!明後日、いよいよ長大祭が開催されるので、私たちが作ったゲームの宣伝なんですが、その前に余談として、自分の趣味をかたらせてくれーーー!!!!

 

1.  心配すんな、ここでは余談しか話さねぇ

今回の余談は、

 

ドラゴンボールヒーローズ

 

についてです!!

皆さんはドラゴンボールヒーローズをやったことがありますか?私が小中学校の頃は、よく遊んでおり、

スーパーレア、アルティメットレアが出たときはすごく興奮していましたねぇ~!!ただ、高校に進学してからは、全く遊んでおらず、PVとアニメを見るだけで、満足するようになってしまいました。

 

しかし

117日より稼働のユニバーサルミッション第11弾で、

ドラゴンボールヒーローズは9周年を迎えました!!!

 

さらに、9周年の間ナビゲーターを続けていたトランクスが、

ついに、ゴットの領域に!!!!

 

しかも、過去にリリースしたいろんなカードが復刻するから、使いやすいカードがたくさん手に入る!!?

 

さらにさらに、今回の復刻アルティメットレアを合わせると、なんと18枚!!!

 

これを聞いたら、なんだかやりたくなってきました!皆さんも、このブログを見て、やり始めてくれるとうれしいです!!

 

2. ご注文はゲームですか?

まぁ、趣味の話は、ここまでにしてゲームの宣伝をしたいと、思います。(急に真面目ぶってんな~笑)今回紹介するゲームは、NOVAEとロードの2つを紹介したいと思います。

 

2.1   NOVAEについて

NOVAEは、2D横スクロールシューティングゲームで、機体は2種類に変化でき、敵を倒していきます。私も、テストプレイさせてもらいましたが、最後までクリアできませんでしたが、とても楽しかったので、お金を払ってでも、もう一度やりたいです!!!!

 

2.2 ロードについて

ロードは2D横スクロールアクションゲームで、私がディレクターを務めました。初めて、みんなでゲームを作るのは、初めてだったので、つたないところがあるかもしれませんが、楽しんでもらえたら、うれしいです!!ストーリーも私が担当したので、見てもらってくれると、私がとても喜びます!!!

 

 

じゃあ、今回の私のブログは、ここまでにします。

たくさんのご来場お待ちしております!!!

ブログ

宣伝とゲッポウのDTM遍歴

投稿日:

こんにちは、マルチメディア研究会1年のゲッポウと申します!

現在自分はこのサークルでは主に作曲を担当しております。今回の長大祭にも自分の作った曲が使われたゲームがプレイできたり、曲そのものが入ったコンピレーションアルバム(曲はこんな感じです)が発売されたりします!

さて、私も先輩に倣い音楽歴を晒していこうと思います!

生誕〜中1まで  音楽を知らずに過ごす

2   ボカロにハマる。作れるんじゃね?と思いDTMを始める

3  友達とバンドを始めるにあたりベースを始める

1  友達にバンドに誘われてギターを始める

2  友達にバンドに誘われてドラムを始める

3 受験勉強

浪人 同上

大学1マルチメディアに入る

こんな感じです!これからもたくさん作曲していこうと思います!

ブログ

フォトとソングと一般人

投稿日:

どうも。台風にベランダの柵を飛ばされたUbacです。
新学期スタートの忙しさも後を引きつつ、新たな用事で気もそぞろ。
秋の寒さも漂い、長大祭が二週間後に迫る中いかがお過ごしでしょうか。

今回の長大祭での私の動きは出展物を作るよりも裏方として広報などを司っており、この場では展示するゲームやコンピレーションアルバムなどについて書いた方が有用だと思ったのですが、私の野生的な感が「ここで発表するべきではない」と理由のない警鐘を鳴らしているのでここは断腸の思いで別のことを書かせていただきます。
とは言え、私が話せるマルチメディア的なこと乃至技術的なことがあまりないので最近、憂き身を窶している写真と少しDTMのことについて書きます。なお、技術的なことは一ッッッッッッッッッッ切書かないと思います。他人の日記を見る感覚で見てください。

 

 

俺の写真がこんなに綺麗なわけがない。

僕は基本的に自分のTwitterにて写真を投稿しています。青文字のリンクからTwitterに飛べますので鼻で笑いながらご参照ください。ここでは今まで撮った中で好きなやつを5枚ほどご覧ください。写真からもツイートに飛べます。

 

テーマなどが統一されておらず筋の通っていない拙劣な作品たちですね。私は好きです(鋼の意思)
左上(スマホで見てたら一番上)の写真だけ説明すると私が撮った中で一番古いであろう風景の画像です。この写真は何度見ても好きです。写真を撮り続けているのは多分自分が好きな画像を自分の目線から撮りたいからなのだと思えてきます。

 

この素晴らしい加工に祝福を!

右上(二番目)の写真は宮崎県都城市という陸の孤島のなかでも辺境の地にある「関之尾滝」の写真です。ついでに、加工の素晴らしさと可能性を感じた写真でもあります。2019年の初めまでは「加工は邪道である」という既成概念がありました。甘えだと。(という割に撮影時にフィルターを使ってましたが)しかしよくよく考えたら、Twitterで写真家として素晴らしい写真を上げている方や、時代の波を席巻しているコンテンポラリーなJKなどは自分の撮った写真を詐欺っているではないですか。それから今までいろいろな加工の試行錯誤を行い、今年の九月初めには

iPhoneデフォルトのフィルター⇒Instagramのフィルター
⇒Instagramの編集⇒Twitterのフィルター

という流れの加工作業を確立しました。

 

色覚は衰退しました。

僕のツイッタ-をモーメントからさかのぼるなどすればわかりますが、個人的に青が好きなので青い画像が潤沢にあるのですが、今は青い画像を見ると何を見てるのかわからない時があります。問題の写真がこちらです。

夜に見えるくないですか?加工のやりすぎ、ダメ、ゼッタイ。

 

ながさきぐらし!

去年の夏くらいから、写真をいたるところで撮るようになりましたが長崎にはそれはもう数えきれないほどのいいスポットがあります。世界新三大夜景に選出されるほど夜景がきれいなので昼・夕方・夜に分けて取れば三倍くらいの楽しみがあります。長崎はマジで写真撮るにはいいところです(小並感)。最高です。ガチです。ヤバいです。マジ卍です。

ただし、住むところとしてはトップクラスに不便ですが。

 

普通の長崎大学生が【DTM】やってみた。

唐突に話は変わりますがDTMも少し嗜んでます。ただし、コード進行だったりリズムパターンだったりを習得する時間が必要なのでめっちゃやってるわけではないです。バンドをやったことも、ましてや楽器はリコーダーと鍵盤ハーモニカくらいしかやったことのない自分ですが、そこはかとなく自分が楽しめる音楽を創れています。どこかで聞いた話ではDTMは課金ゲーらしいのでイニシャルコストもささることながらランニングコストも高いはずですが、素人目には音源の良し悪しなんてわからんのでCubaseを買ってそのまま使ってます。DTMを始めるにあたって鷹ピーさんに教鞭を執って教えてもらい、またゲッポウなど優秀なDTMerに囲まれDTMを勉強することができています。この度そんな当サークルのDTMer達が額に汗し、粉骨砕身の努力をアクセル全開惜しみなく盛り立てて制作した、手に汗握るコンピレーションアルバムが長大祭にて販売予定ですので、ぜひお買い求めください(唐突な宣伝)。

 

低能クソ野郎はアルバムアートワークの夢を見ない

写真を撮ったりDTMをしたりする相互的な理由が一つだけあって写真にあわせた曲を創りたいというものです。アルバムアートワークとして自分の曲に自分の写真を張り付けたいのです。僕の好きなVtuberで「花譜」というVsingerを観測しています。透き通る歌声に加え、一種独特のアルバムアートワークで織りなされた動画の数々には口をふさげないほど艶麗なセンスを感じます。僕にはそんなセンスは1オンスもないのですが、あんなふうに綺麗な写真と音楽を組み合わせて作品を創りたいなぁなんて思ったりします。最初に提示した画像の下三枚はそんな思いで撮った写真です。

 

未確定で進行形

今後の展望ですが、確立した画像編集スタイルをすっからかんにし、代わりにadobe社のLightroomを今更ですが使っていこうと思います。それ以外は虚無です。何も考えていません٩( ᐛ )و
いつか上に記載したことを遂行できるように何かしら為したいと思います。

以上長々と書いてしまいましたが私のブログリレーのバトンは次に渡すとしましょう。

最後になりますが、長大祭にて皆様のご来場お待ちしております。

 

 

2019ブログリレーの概要はこちら⇒ー(・∀・)ー ブーン

ブログ

オタクが趣味を話す枠

投稿日:

皆さん初めまして、なかのんと申します。当初は九大祭の感想を書く予定だったのですが、いけなくなったので別のことを書きます。ここなら140字以上の字数で趣味語りをしていいと言われたのでうっきうきで文字を打ち込んでおります。何を話そうかぐっへっへw、と思って小一時間ほど悩みました。何事にも広く浅くなスタンスをとる薄味オタクなので色々と案自体はでるものの、その面白さを伝えられるのか、そもそも自分はその分野をきちんと理解しているのか。そんなことばかり考えてしまいます。

そんなこんなで私が今回紹介するのは!

 

なんと!!

 

グランブルーファンタジーです!!!

待って待って帰らんといてこの題材見ただけで帰らんといて。いや、分かるよ?皆さんの多くはこのゲームに対して抱いている感情が「一回やったけど何すればいいか分からん」「民度低そう」「古戦場からにげるな」とかなのは。(個人の意見です)

なので少しでも良いイメージを持ってもらうべく、私はこの内容にしました♡許して♡♡♡←かわいい

ちゃんとやります。さてグランブルーファンタジー、通称グラブルは株式会社Cygames(サイゲームス)が開発したソシャゲです。ゲームの種類はRPGであり、ポチポチ押して行動を決定したら勝手に動いてくれるタイプのゲームです。ストーリーは、主人公の前に現れた謎の少女 ルリア(CV 東山奈央 様)とひょんなことから一緒に星の島イスタルシアを目指すことになって・・という始まり方をします。

私が思うこのゲームの魅力の1つはストーリーですね。展開は王道ではあるものの、それぞれのキャラクターをあれだけ輝かせつつ、きれいにまとまった話を作れるのはやばいです。ネタバレを避けつつ説明すると、過去に囚われた操舵師(この世界では船で空を飛ぶ)、闇落ち師匠を救おうとする魔法少女自分のクローンを何体も持つ美少女おじさん、身長の低さがコンプレックスな騎士団団長などなどいつも、は???くそ面白いが?????まじ何なん??????っていいながらわめきながら摂取しております。楽しいです。はい。
ストーリーから入りたい!という方はグラブルはアニメもあるので(現在2期放送中)そちらから入ってみるのもいいかもしれません。声優さんも豪華なのでそこも魅力の1つですね(東山奈央様、小野友樹さん、沢城みゆきさん、釘宮理恵さんなどなど)

日頃やることは基本的に周回(何回も同じクエストを回る)することがメインになるのでそこを苦痛と感じる方はあまり楽しめないかもしれません、ですが周回ゲー育成ゲー大好き!!という方にはとてもオススメですね。達成感が半端ないです。2ヶ月に1度くらいのペースで開催される古戦場いうイベントでその成果を発揮することが多くのグラブルプレイヤーの快楽となっておりますが、ほんのすこーーーーーーーーしだけきついイベントなので古戦場から逃げ出そうとする人も多いという高低差の激しいイベントです。

最後に

はい、ということでいかがでしたでしょうか。めんどくさいこじらせオタク論から始まり、グラブルの説明をさせていただきました。グラブルの楽しさはほかにもたっくさんあるのですが、長くなってしまいそうなのでやめておきます。グラブルの良さが皆さんに伝わっていれば幸いです。つたない文章にお付き合いいただき、ありがとうございました!!それでは次回「グラブルに身を滅ぼされた男、なかのん(仮)」でお会いしましょう!!さようなら~